母の滴 Tp200 比較

MENU

意外と知らない『母の滴プラセンタEX』と『Tp200』の違いまとめ

tp200との比較写真

 

迷っている女性も少なくない『母の滴プラセンタEX』と『Tp200』。どちらも同じプラセンタサプリなのですが、実は大きな違いがあったんです!

 

知っておきたいこの2つの商品の違いを比較してみましたのでご覧ください。

 

馬の原産国の違い

 

フローレス化粧品から販売されている母の滴プラセンタEXと日本メディカル研究所によって開発されたTp200には、どちらも馬の胎盤から作り出される馬プラセンタが使用されています。

 

同じ馬プラセンタなのですが、その原料である馬の原産国に違いがあります。

 

母の滴プラセンタEXはメキシコ産の馬を使用しており、Tp200は北海道産のサラブレッドを原料として使用しております。

 

どちらの方がよりよい馬プラセンタであるということはありませんが、迷っている人は一つの判断基準としてもよいかもしれませんね。

 

配合成分の違い

 

母の滴プラセンタEXとTp200の違いとして、配合されている成分が違うということが挙げられます。

 

母の滴プラセンタEXには、馬プラセンタに加えて馬のへその緒から作り出される馬サイタイも配合されています。

 

馬サイタイには美容効果が高いと言われているヘパラン硫酸・ヒアルロン酸・コンドロイチン硫酸が豊富に含まれています。馬プラセンタと馬サイタイを同時に摂取することで、より高い美容効果が期待できます。

 

対するTp200には、馬プラセンタのみが配合されています。カプセルの中身全てが馬プラセンタであるため、よりその純粋な効果が感じられると言えます。

 

馬プラセンタの効果を純粋に感じたいのか、プラスの成分として馬サイタイも一緒に摂り入れたいのか、理想としているエイジングケアに応じて選ぶのがおすすめですよ。

 

おすすめ関連ページ

プラセンタサプリの口コミまとめをチェック!>>>

高品質なのに低価格!Tp200のおすすめポイントまとめ

 

『Tp200』という名前は知っているものの、あまり詳しくは知らないという人は少なくありません。

 

そこで、どんなおすすめポイントがあるのかやそこからわかるおすすめできる人のタイプなど、簡単におまとめいたしましたのでご覧ください。

 

純度100%の馬プラセンタを使用

 

Tp200には、純度100%の馬プラセンタが使用されています。

 

原料である馬は北海道産のサラブレッドにこだわっているため、国産馬から作り出された馬プラセンタサプリを購入したいという人には嬉しいプラセンタサプリだと言えます。

 

1頭1頭専用の獣舎でストレスなく育てられているので、より質の高い馬プラセンタを作り出すことができているという魅力もあります。

 

出産後すぐに集められた胎盤から作り出されているため、鮮度という点でもこだわりを持っているプラセンタサプリだということがわかりますね。

 

低分子化で吸収率UP

 

一般的なプラセンタは、分子の大きさをしめす分子量が100000〜200000であるのに対し、Tp200は特許製法によって分子量500以下まで小さくすることに成功しました。

 

このことにより、体内にプラセンタを取り入れやすくなり、より馬プラセンタの効果が実感できるサプリにすることができたんです。

 

せっかく飲んでも、しっかりと吸収されなければ意味がないですよね。

 

Tp200は、『どうせ飲むならその効果を十分に感じたい』という女性には、特におすすめできるプラセンタサプリですよ!

 

お求めやすい価格設定

 

多くの女性に馬プラセンタの効果を実感してもらいたいという想いから、Tp200は馬プラセンタサプリとしては破格の1日あたり80円という驚きの価格で購入することができます。

 

美容成分は馬プラセンタだけであることや、多くの女性が購入しているということなどから、この低価格が実現しているんです。

 

長期間飲むことでより効果が実感できるプラセンタサプリで、このお値段というのは嬉しいですよね。

 

1日1粒をお好きな飲み方で飲むだけというのも、負担が少なくて嬉しいポイントです。